顏型別似合わせ解説(ショート編)

2017/12/18

似合わせ解説

 

顔型別に似合う“ベリーショート”を解説していきましょう。
タイプ1:面長
顔型が“面長”タイプで、縦に長く見えてしまうのがコンプレックスな方にとって、ベリーショートは隠せる要素が少なく、コツが必要です。

まず“縦”の印象が強調されないように気をつけることが大事。面長という縦の特性を横へシフトすることを意識しましょう。

そのためには、しっかりと厚みのある前髪で、おでこを透けさせないことがポイントになってきます。おでこの肌色が隠されることで、面長な印象を緩和することができます。

また、横に広めなワイドバングにすると、より横幅を出すことができるので、縦から横への印象に繋がります。

さらに耳を見せることで、横幅が広がります。耳が見えるぐらいの長さまで切り込んで短くしたり、耳にかけられる長さをキープするなどして、耳を見せるようにするのもオススメです。

 

タイプ2:丸顔
面長に比べ、横にインパクトのある“丸顔”タイプでは、縦の印象を強調してあげることがポイントです。丸顔だと「細く見せたい」と悩んでいる方が多いので、縦の印象付けは細見え効果もありオススメです。

それには、おでこが透けるような前髪にすること。おでこの肌感が縦のシルエットを強調します。

とにかく丸顔タイプは、横の印象を作らないことが重要なので、顔が露出するベリーショートの場合、耳を見せないスタイルがベスト。耳が見えてしまうと、横幅が強調されてしまうので、サイドの髪の毛を残して耳を覆い、余計な横幅を隠しましょう。

 

タイプ3:ベース顔
エラなど男性っぽいイメージになりやすい“ベース顔”タイプでは、その凛々しい輪郭がコンプレックスに感じる人もいるのでは?

基本的な作りは横の印象が出やすい“丸顔”タイプと似ていて、“ベース顔”タイプも、縦のシルエットを出してあげるとバランスが良くなります。

おでこが透ける程度の前髪を心がけ、縦の印象を強めてあげると良いです。

丸顔タイプと違うのは、耳を透けさせるところです。
耳が透けるようサイドの髪の毛の長さを少しだけ残し、エラよりも高い位置にある耳を見せて横幅を強調しましょう。サイドの毛先に長さを出すことで、髪でエラを隠すこともできます。

 

顏型とヘアスタイルのバランスを考えながら

マーゴで、あなたに似合うスタイルに、きっと出会えるはず。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お知らせ

マーゴは仲間を募集しています!

2019/02/04

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ